東京でゴルフの飛距離アップやシャフトにお悩みの方は池袋ゴルフクラブへ!!無料クラブ診断受付中!

飛距離アップのためのリシャフト専門クラブ工房

より遠くへ、真っすぐに飛ばすために最適な「シャフト」と理想の弾道を生み出すための最適な「ヘッド」を選択し、現在使用中のクラブと適正クラブの比較をわかりやすく説明します。

飛距離アップに重要なシャフト、「シャフト振動数」ってご存知ですか?

スイング中にシャフトは「しなり」と「しなり戻り」があります。
まずは「しなり」と「しなり戻り」が合わなければフェースは真っすぐに当たりません。
あなたの最適な振動数を弊社システム「CFS」で弾き出す!

最適なクラブフィッティングをするために

クラブとの相性は慣れ親しんだクラブやフィーリングなどの感性もありCFSの数値が全てとは言い切れないところもあります。
ですが、飛距離アップや直結するあなたに適正なクラブフィッティングをより確実に知りために活用すべきだと確信します。

シャフト振動数(cpm)とは?

シャフト振動数とはゴルフクラブのシャフトの硬さを物理的に示す数値なのです。
シャフトが硬ければ、その分だけ振動数の数値が大きくなり、シャフトが軟らかければ、その分だけ振動数の数値が小さくなります。

シャフトの硬さ表示として、フレックス(R/S/X など)があります。
しかし現在のフレックス表示は、業界で統一した基準がありません。
フレックスは各メーカーの基準が曖昧なので、シャフトの硬さを示す絶対的な基準にはならないのです。
例えば同じメーカーでもエンジョイ系モデルの「S」よりアスリート系モデルの「R」のほうが硬いシャフトだったりするのはよくあります。

シャフト振動数は、シャフトの硬さを示す確かな基準になり得ます。

CFSシステムとトラックマンで完璧なクラブ分析

あなたのゴルフが全てまる見え!?
世界のトッププロが認めたレーダー測定器

インパクトでのフェースの向きやクラブの入射角度も計算可能で、お使いのクラブの動きとボールの動きがデータ分析で明らかに。
自身のスイング分析、改善にも活用できます。

あなたのスイングとクラブの相性を
科学的データで弾き出す

メーカー別基準で曖昧なフレックス表記を正確に数値化、今のスイングとクラブの相性が科学的にわかる。
ドライバーからウェッジまで適正数値で自分だけのクラブカスタムができます。

ここが違う!SHUEIのクラブ診断メソッド

  • クラブの悩みをヒアリングし、お使いのクラブとスイングをトラックマンで計測し分析します。
  • シャフト振動数計測で、スイングとクラブの相性が数値で明らかになります。
  • データ計測に基づいた、あなただけのクラブカスタムをご提案します。

ちょっとでもお使いのクラブに違和感、疑問をかんじたなら
クラブ診断をオススメします。

講師紹介

メインコーチ
泉谷一雄
KAZUO IZUMITANI

略歴
PGAティーチングプロ
1997年 日本ゴルフ協会入会

1989年、中島常幸氏の研究生として入門。14年間在籍し、キャディーとしてマスターズにも帯同。 研究生時代よりコーチマネジメント及びスイング理論、クラブフィッティングの重要さを認識。
その後ティーチングプロとして、現在までに延べ5,500名の悩めるゴルファー達を指導し、特に飛距離にこだわった独自の理論を確立し実証してきた。

クラブ診断の実例

悩み解決にクラブ診断を受けられた方

診断結果

シャフト振動数がハードスペック過ぎるためインパクトでシャフトのしなり戻りが強すぎインパクトフェイスが目標の左へ向いてしまう為、引っ掛けを連発です。
この場合、ライ角を1 ~ 2 度調整しても引掛けは治りません。
シャフト振動数を適正にリシャフトする事で悩み解消しました。

診断結果

シャフト振動数がアンダースペックの為、インパクトでシャフトのしなり戻りが弱く、インパクトフェイスが目標の右へ向いてしまう為、バックスピン量が5,000回転あり吹き上がり現象で飛距離ダウンしてました。
シャフト振動数を適正にリシャフトする事で15 ヤードの飛距離アップしました。

診断結果

ドライバーでのティショットはまずまずなのに、セカンドショットのアイアンがいつもダフリ気味でグリーンへ狙うとショート気味が多いようです。
アイアンのシャフト振動数がアンダースペックの為、インパクトでシャフトのしなり戻りが弱く、インパクトフェイスが目標の右へ向いてしまいます。
シャフト振動数がアンダースペックの場合、ダフリ易く、ハードスペックの場合ですとトップボールになり易い傾向があります。シャフト振動数を適正にリシャフトする事で悩み解消しました。